fc2ブログ

家を建てる前のワンポイントその1

最近、マンションの杭工事に不正がありデータの改ざんなど話題になっていますね

住宅も同じで目に見えてこないところこそしっかりとした施工をするべきだと思います。

そこで今回は家を建てる前にチェックしておきたい基礎工事についてひとこと。

住宅の基礎は基本的には「べた基礎」か「布基礎」になるかと思います

小林工務所の住宅は必ず「べた基礎」を採用しています

ベタ基礎は土台部分の他に家の下になる部分も全てコンクリートを打設する為、

湿気が地中から上がりづらく、シロアリの侵入を抑えることができます

これがとても重要で、

布基礎の場合は土台部分はコンクリートを打設しますが、家の下部分が砂利や土だったりするので、

湿気も基礎内にこもりやすく、なによりシロアリの被害を非常に受けやすくなってしまいます

リフォームなどでよくシロアリ被害をみる機会がありますが、

共通点として

布基礎の住宅や木製の玄関扉などを使用している家に被害が多いです

大手ハウスメーカーさんでも布基礎を採用している会社さんもあり、

施主が理由を聞いたところ

「布基礎で土の仕上げだと水が浸透していくので排水する必要がないんですよ。コンクリートを打設するべた基礎だと基礎の中に水がたまるので排水が必要になってしまうんです」

だそうです。

うーん、確かにちょっとした手間はかかりますし、コンクリートを打設するわけですから費用もかかりますが、

10年後、20年後先のことを考えると、絶対べた基礎のほうがいいです

そして玄関扉は外部でもありますので、どうしても足元からシロアリの被害を受けやすいです

家を建てる際、必ず確認しておきたいところだと思います。

s_CIMG3349.jpg



ビルダー・工務店 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント